--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/30 (Thu) 「きつねのはなし」

初めて強く思うのだけれど、「きつねのはなし」は7つの話が絡まってます。

と書いて、今、社会復帰をし晩酌で鈴木青年が差し入れてくれた獺祭を飲みながら書いている。

ROGO様へという差し入れだったが、これはオレにくれ!と主宰特権発動で勝ち取った。

打ち上げは、BAR北上と化していたから、フミオ君の指示のもと何やらソーダで割った酒を浴びるように飲んでいたのです。

話がそれたが、

その7つの話を全て仕上げてみようと思う。

以前にも書いたが初通しが2時間40分。それでも全ての話を書けたかと言うとそうでもない。

脱稿はいつもどうりギリギリで皆に迷惑をかけたが、書くという余力は今までにないほどあった。

フミオ君のシシラー二なんかは、多分あと一時間はいける。

彼がハルという主人公と二人でロープでなにやら測りながら会話するシーンがある。

タイムにして1時間10分前後。ちょうど集中力が切れはじめる辺りだ。

そのきわどい当たりで彼らは実に頑張ってくれた。

個人的にあの件の会話は気にいっている。呑気な事を書くと、オレ、いい会話のリズムが書けるようになったんだぁ~と、

自分で誉めてた(笑)

ロープで何をしていたかというと、まあ測量だ。直角三角形を作っている。正確に直角ではないが意図しているところはそうでした。

直角三角形の場合、お分かりと思いますが二辺の長さが分かれば残り一辺は測らずとも正確な距離が出て来る。

これは必ず直角であると言うのが条件なんだが。

測量に置いて、三斜を切るというがあって、計測した土地面積を㎡で算出する際、いくつもの直角三角形で敷地内を区切る。

その三角形の面積合計が土地面積となるわけだ。

測量に従事されている方にしてみたら、だから何?と言う事なんだろうが、

これを初めて知った時オレはなんてロマンティックなんだ!と思いました!

はい!バカです(笑)

ちなみに高校時代、数学は何よりも苦手で人生で一度きりの0点をテストで叩き出したのも数学だ。

何の話を書いてるか分からないが(笑)

本屋に行くと先ず建築のコーナーに行く。次に最近は数学のコーナーに行く。その後に絵本のコーナーに行く。

これが本屋で落ち着くルートだ。

決して行かないようにと努めているのは演劇映画のコーナーである。まあ、行くけれども。

2つの長さが導いて、測らずとも正確に生まれる一つの直線は決してブレナイ。そして間違いなく存在する。

美しい!・・・アホか、オレ!

どうもね、両親と子の関係を想起してしまうのですよ。ハハハ、こんなんホント、オレしかわからんわな。

昨日の記事でバカなのはオレと書きましたが、そうでしょ、オレがバカなんです。



狐について書きましょうね。

こいつはね長いよ(笑)

これは驚かれた方多いかと思いますね。怖いとか感想言われましたもんね。

彼は花柳忠彦と言います。日本舞踊の花柳流の師範です。

彼との出会いは同じ日本舞踊に西崎流というのがありましてその家元の西崎緑先生の増上寺野外劇で知り合いました。

演出は鈴木完一郎さん。青年座で有名な方ですね。

振付は忠彦のお師匠さんの花柳衛彦先生でした。

オレはアンサンブルですからやれ、武士だなんだかんだやっとりましたが、彼は踊り手として出演されていたわけですね。

どこから書こうかな・・・。

ちょいと酒が回り始めてますから、明日も書くとしてね。

先ずは、

伝統芸能と名のつくものを極めようとされている方、その道を進もうとされている方の身体能力って半端じゃないんですよ。

あの狐の面はね、噛んでるんです。噛んで支えてるのですね。

あれだけ跳ねて転がって踊っている中で噛む力のみで面を支えるのは相当なもんですよ。

噛む力だけ書いてるみたいですが、そうじゃ無くて(笑)それじゃね、歯が丈夫なのって話しですからね(笑)

日本舞踊って優雅でゆっくりとした動きの中に艶やかな美しさがあったりと、まあ一般的なイメージですわな。

でも彼らは「様式美」という世界の人達ですから、

この「様式」ってやつを簡単に捉えると、火傷しますぜ旦那!ってな感じです。

様式を辞書で調べまするに、まあ共通のやり方、個人の恣意で変更できない、等と出てきますが、

ある年数の中で伝統として築き上げられたもですから、そりゃあ我々では計り知れないものが理由として、

築き上げる際にあるわけですよ。

でもって、その理由に踏み込むのはタブーではないかと思っている訳です。

見ちゃいけないんです。知っちゃいけないんですよ。

我々は。

この我々はってのは、その道を進むと決意した人以外ってことですね。

花柳衛彦先生なんか凄いですよ。何が凄いか分からんのですが、分からんのか!(笑)

なんかね、見られたら時、全部見透かされた気がしました。

なんだろね、アレ?!

余談ですが、忠彦とあった野外劇でもうお亡くなりなってしまいましたが観世榮夫先生の「敦盛」も聞いたんです。

「敦盛」ってのはアレです。織田信長が最後に唄った能の唄です。

アレの後半はヤバいんですよ。もういっちゃいます。

昔ねクラブ通いをしてたころ、野外のトランスとかぶっ飛ぶやつにいった時ありますけど、

全然、比べようがないの。ホント、本物はヤバいです。

これ聞いちゃいけないだろうよ、と。

少し話がそれましたが、

ですから、忠彦に発注したのは、

一瞬でいい。いや、むしろ一瞬じゃないと困るから。その見たらいけない物を見せてくれないか?、と。

これが、「きつねのはなし」の核心に繋がるのです。

何故、和?とか、なかにはあの踊りいります?なんて仰ってたかたおりますが、

これが必要なんですわ。

それはまた明日で。

もうダメ、酒が回ってる・・・。












スポンサーサイト

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/30 (Thu) 「きつねのはなし」

さてさて、のんびりブログに向かうのも久し振りだな~、ってのんびりしてる場合じゃないんだが。

先ずは精算準備、挨拶回り、支払、請求、次回公演準備と、盛りだくさんだ。

今日もこれまでやっていた。といってもメインは部屋の掃除だ(笑)

相変わらず、公演終了後はゴミ屋敷みたいになる。

まあ、致し方ないな。小道具やら、パンフあまりやら、等ですな。

本気のゴミはありませんから、念の為(笑)

公演は無事に終了した。

怪我や事故など無く滞りなく終わったという事ですね。

公演中は懐かしい顔や初めてお会いする方など、有難い時間となる。

皆さま色々お話できて良かったです。


さて、「きつねのはなし」如何だったのだろうか?

正直に書きますとね、

何だかよく分からんのですね。

それこそボロクソ仰っていた方いるらしいですし、

いるらしいと言うのはやはり直接オレには言いませんわな(笑)

と思うと、なんて言うのかな皆さんのご意見感想はしっかり受け止めて聞いとりますが、

こう個人的に何度もオレの芝居を見てる方でなんというか捉えどころが近い方から、

「自信持っていいよ」と言われたりするわけですね。

ほうほう、なるほど、はあはあ、と毎回聞いとりましたが、

結果とすると、良く分からんな~と言う事になるのです。

あ、そうだ!

これだけは、書いとかないと。アンケートで、

「分かりませんでした。すいません。オレがバカだからかな」というのがときたまあるんですが、

これは断じてそうじゃないですから、

そんなこともないですし、むしろ嬉しいです。

う~ん、嬉しいとか書くと語弊があるかもしれないけど、

多分ね、オレの方がバカなんです。

本人としてはですね、今回ヒジョ~に分かりやすいものを書いたつもりなんです。

これも語弊があるかな。

なんだろな~、例えばなんですけど今回「紙」を使った演出をしました。緑、赤、エンジ。

オレの中で「作物」や「野菜」って色々削っていったら、ああなってしまったということなんです。

子供頃に見た野菜の色って鮮やかで味わいより「色」が記憶やイメージに鮮明に残っていたんです。

その紙を食べる親子がいました。面白いシーンなんだけど、別に面白いことをやろうと思ったわけじゃ無くて、

ああして、モシャモシャ食べてたな~という。まあ、ゴーヤはああして食べられなし、

土の中になるもんでもないけれど。

あと、同じ丸い明りを「穴」と「森の中で丸く抜ける空」にしてみたんだけど、例えば地球を串刺しにしたら、

ああなるんだろうな~と。どこかでこの空を誰かが見てるんだろうな~、この穴を掘り続けたら、

誰かに会えるんだろうな~。とか、恥ずかしんだけど本気で思ってた事があって。

「パッサム」という人物が出てきましたけど、ああいう変なおじさんがいたんですよ。

子供相手に色々遊びを教えてくれて。まあ、物真似はしなかったけど。

なんでも知ってるの(笑)クワガタやカブトムシの取り方なんか教えてくれて、でもその人はどうやら大人達から

良しとしない人なんだろうなって子供ながらに思ってて、そんでその人はいつの間にかいなくなっちゃって、

確か、顔に大きな傷があった気がする。

他にもあるんですけど、こういうのってやはり個人的なものなんでしょうね。

皆さんにごり押ししてるつもりは無いんだけど、結果としてそうなっちゃったのかもしれませんね。

ただ、効果や手法だけ狙ったわけじゃないんです。

といってもね、何かそうした明かりや音が皆さんと近い感覚で捉えられたら嬉しいなと願ったのは事実かな。

そんなの分かんないよ、と言われたら返す言葉も無いんですがね。

「吃音」「狐」については明日にでも書こうかな。










演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/28 (Tue) 「終了」

#7公演「きつねのはなし」

皆様のお陰をもちまして、無事公演終了です!

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

ご協力いただいた関係各位様、ありがとうございました。

皆様に感謝しております。

今後ともどうぞ宜しくお願いします!



そして、ROGOは「東京サマンサ」へ向かいます。

人生初の喜劇!

あ~怖い・・・

どうしよう・・・

喜劇ってね、

何より一番難しいでしょうよ・・・


・・・。


でも頑張ります!

「東京サマンサ」は90分ノンストップのROGO初の人情喜劇です!

どうぞ、お楽しみに!


でもな、ちょっと「きつねのはなし」を振り返ろう。
そいつはまた明日で!

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/21 (Tue) 「劇場入り」

本日仕込み日、

皆に任せて今、自宅で事務作業。これから向かう。

初の通し稽古で2時間40分のものを2時間にまとめる。

中々、イイ感じで仕上がったかな。今日、明日と、バタバタのスケジュールだけれど、

少し、頭をリラックスして皆さん望むといいんだろうな。

忠彦が持ってきましたね。

ちと、注文出したら、超えてきましたね。

さてと、参りますかね。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/16 (Thu) 「お待たせで」

って事で!

完全脱稿!

さて、ラストスパート!



ROGO#7-T

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

来てくれて本当にありがとう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。