--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/25 (Sun) 「俺は!」

最低だ。
最低なんである。
今日、鈴木勝秀演出の芝居を観劇。
素晴らしかった…

男は、見栄と、いい訳と、甘え、で生きている。

哀しい、とは何だ!

吉本隆明さん、あなたに会いたい…

そうだ、今日も飲み過ぎた。

大堀女史、ありがとう。

渋谷という大嫌いな町で行ける呑み屋ができました。

大嫌いか…上京した頃はオレの全てだったのにね(笑)
勝手なもんだ。

しかし、鈴勝芝居、小松さん、佐藤さん、

ありがとう。美しかった。

スポンサーサイト

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/23 (Fri) 「WSオーディション 2日目」

参加者23名 見学3名 制作 古川 全28名

18:15開始
朗読の続き 全員終了
エチュード グループにて
テキストを用いた稽古
「ワニ女」テキストのグループ分け
グループごとの打ち合わせを少し
21:45終了

以上。
(書きかけです)

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/20 (Tue) 「WSオーディション 初日」

参加者21名、見学4名、制作、古川、全27名
18:15開始
ストレッチ等、エクササイズを約1時間 進行 近藤
歩行 約1時間 進行 古川
シアターゲームを約1時間 進行 古川
自己紹介を兼ねた テキスト朗読を数名
21:45終了

以上が初日の内容。

まず体の状態を判断する。12×5mに25名が寝ころぶのは圧巻(笑)
踊りや歌がある芝居ではないのですが、立つ、止まる、動く、とこの3点の筋力は必要。
また、ただでさえ緊張状態にある参加者の体をリラックスさせてあげなくてはいけない。

コンドーの進行及び内容には大満足で、限られた時間の中で必要なものを取り入れてくれた。
頭の先から足の先まで、最低限必要な筋肉を起こしてあげる。
大きな筋肉はいらない、現状であるものをすべて使う。
その為には、個人個人の意識がないと、いつのまにやら使わずに生活する、いや、できてしまう。
板に立てば、はっきりと見てとれる。

もう一つ。集中力。進行者の指示をしっかり聞いているか、どうか。
いつのまにか一人だけ違うストレッチを続けている参加者も数名。
この場合、聞こえない、聞き逃した、というのは誰にでもある事。

歩行。
単純な事、歩いてもらうだけ。いったりきたり。
猫背な人、前のめりの人、腰が落ちる人、色々いる。
歩きながら速度の変更を指示。
止まる、歩く、加速、減速、これがやってみると結構な運動になる。
バレエダンサーのような姿勢は要求していない、いや無理でしょうね(笑)
ただ、真っすぐ姿勢よく歩けるのがやはり良い。
それぞれの歩き方には、子供の頃、現在の職場なりの生活環境が現れるのか、と思っている。
この変はまだ判断できかねている。

もう一つ、進行者である(この場合オレ)人からの視線を意識することが、日常の歩き方を忘れさせる。というより、混乱させるというかな。歩くことはあまりにも日常当然すぎているから意識していないのが概ねの事。
ただ考えてみると、舞台上で歩くことは必ずあって、観客がいる。
その中で、当然のように姿勢よく歩けることが、当然。

シアターゲーム。
「魚の群れ」等を2チームに分けて進行。
この辺のものはゴールドスミス分校のWSに参加した際体験したもの。
見る、伝えることをシンプルにすること。そして、ゆっくり。
歩いて下さい、というと大体速くなる。ここで、とにかくゆっくりすること。
自分の速度ではなく、相手の速度。
プロデュース公演を成立させる優先順位を決めるなら、まず座組みの環境を整えることだとオレは考える。
チームで動く、伝えあう、それはチーム内の誰一人欠けてはならない。
その為には、分かるでしょ、こんな感じで、という改めてしなくてもなんとなくわかること、再度確認し合う事だと考えている。
この辺の事を意識してもらう時間。

で、最後に22名で大縄跳び!オレも飛んだ(笑)

朗読。
テキストには夏目漱石「夢十夜」を抜粋して。
参加者の声を聞きたいのがまず第一の目的。
そして、発声するときの、癖。
ここまでの進行で幾分リラックスしてきのか、笑い声も聞こえる。なんにせよ最初に喋るのは緊張するもんだ。
余談だが、わが師でもある弘前劇場・長谷川孝治に最初に言われたダメ出しが、
「声出して行こう!」である。当時31歳のオレ。過度の緊張は知っている(笑)

朗読についてだが、「他者を存在させる」、ここを意識して読むと文章自体のリズムが産まれ、俳優も楽になるのだが、まあ、中々上手くいかないもんである。
この辺はまた、明日にでも。

という初日の状況。
とにかく、過去最大人数のWSで、異常な緊張と集中をしたのか、この日のスタッフ打ち上げで泥酔状態になったオレでした。
確かな手応えも感じていたんですがね。



演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/20 (Tue) 「終了」

WSオーディション終了する。
感謝します。

助けてくれた皆さん、参加してくれた皆さん、

どうもありがとう。

しかし、何とも貴重な日々でした。

明日から、3日間を検証して、このブログ上に残さないと。

そして、オレの戦いはこれから、選択をしなくてはならない。

どうなるかは別として、精一杯考えます。

これは、また別の話ですが、今回、参加者してくれた方のみで芝居は一本うてる!と思うぐらい、
それ位、素晴らしい方々と時間でした。

ありがとうございました。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/17 (Sat) 「WSオーディション」

はい!初日です!
そして、泥酔状態です。せっちん、コンドー、杉田、岡田、P鈴木と乾杯!
あのですね、オレも緊張してましたから(笑)
21名参加、見学が4名、コンドー、P鈴木入れて27ですか。
最大WS進行、つまり27名までは、WSいけます!(笑)いいのか、書いちゃって!
いいです!やりますよ、呼んでくれたら!

さて、明日もあります。

ということで、寝ます、明日、え~日中、色々今日の事書きます。

では、お休みなさい。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/14 (Wed) 「忘れた」

タイトルをつけ忘れたようですね…

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/14 (Wed) 「

え~と(笑)
WSオーディションの応募人数が出ました・・・

25名!

ということで、頑張ります!
過去最高人数ですね、あらま、できんのかオレ!

で、日付変わりましたので昨日が締切日ですが、書いちゃいます!

斉○ ○○子さん!二度もご応募頂いて嬉しいよ!でも、でもね、

連絡先が分からないとどうしようもないじゃないかぁぁぁぁぁぁぁ~~
なぜ書いてない!なぜ二回とも!

今週末に「ワニ女」キャストオーディションです!

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/12 (Mon) 「ロゴラボvol1初日」

明け方オーディション用テキスト脱稿。

15時、誠の芝居を観劇。東京デスロック@吉祥寺シアター。
永井さんのマクベスでした。いや、しかしねぇ(笑)終演後、誠に「サイテーの芝居やな」と。
誠、爆笑でタバコ吸ってちょろっと話して。

もうね!サイテーな面白い芝居でした。今まで見たシェイクスピア芝居の中で一番面白かったよ!

台詞カッコ良かったなぁ~。

久々の吉祥寺も劇場の往復のみで井の頭線へ乗り込む。

「ロゴラボvol1」の初日へ。

なんにせよ始まった。来るもの拒まずの姿勢、となると、まったく情報が無い。
ので、今日は一日観察。
手探りで進行は、結構疲れた。

とはいえ、前向きな人ばかりなのは有難し。
ゆっくりゆっくり進行させて、充実の3ヶ月にする。

スタジオ発表はオリジナル作品とする。

さてこれから、オーディション参加者へテキスト発送の準備!

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/11 (Sun) 「脱稿」

オーデイション用テキスト書き終える。
来年公演の小屋を決める、発表はまだ先になります。
明日、「ロゴラボvol1」開始!
いや、今日か(笑)
寝ます。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/08 (Thu) 「至極、マットウ」

ですから、安心して。
むしろ大したもんである。とはなんのことかは言えない(笑)

そんぐらいのところまできたわけさ。
でも、踏み込むのはそこまで、あとは書き手や演出の仕事。
鼻にかけて笑ってるぐらいでいい、「この人はなぁ~」ってね(笑)

さて「ロゴラボ」なんだが、予想以上の反響である。いやいや楽しみだな、これが。
市井に生きる人がつくる10日間の芝居。いいなぁ~、いや、いいよ。
これはおもしろいんじゃない!
って、まだ始まってないけど(笑)

オーデイション用テキストに手こずってまーす、はーい、進みません~、おーい、誰かぁぁぁぁぁ…。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/05 (Mon) 「鞭打って」

GWの過ごし方。

宮咲さんの芝居を観劇しにいくと、P鈴木、悠ユッキー(続けるといいな(笑))が来ていたので、終演後ウチの人含め5人で飲みに行く。

朝5時迄…

楽しい宴でした。絡んではいません。
そこまで飲むつもりなど、さらさら無く、まあ悠とはいつも芝居を創っているときにしか会わないので、こういう時間は楽しい。「仲人」と「司会」の違いについて語る(笑)

どうやら6月に舞台をやるらしい。こうやって、どんどん外に出ていってほしい。もちろんROGOの公演にも出てもらいたいし、出てもらうつもり。

俳優の最大の闘いは、生きる場所を掴みとることではなかろうか。

腰を据えてやること、やみくもに、あっちこっち出演すること、良くも悪くもある。
ようはバランスの問題。

ジレンマ。どうやら、彼の中にも「欲」が芽生えてきたようだ。当然だ。そんなもん誰でもあるもンである。むしろ嬉しい限り。
そうやって、20代30代を過ごさないと、いつ過ごすか。

これからはその力の放出の仕方が問われるのだろう。

頑張ってほしい。

翌日、コンドー・ブート・キャンプ。

「ロゴラボ」へ向けなまった体を起こさないといけない。
公演に向け動き始めると、やること満載で俳優チームと体操している時間がなくなる。ほぼ一年近く体はホッポらかしていた。

痛い…

変な汗が…

コンドーの体の動きに見入る…

同じ人間だろうか…

自身の俳優復活が不安になってきた(笑)

体のコンディショニング。特別な状態にするわけではなく。ようは本来、動かす必要がある筋肉を日常の生活でどれだけ使っていないかということ。
バレエやオペラなどの歌い手の人までのトレーニングはまた別モノ。というか、生半可ではないので伝えようはない、いや、分からない(笑)

いわゆる小劇場という芝居でも、俳優はトレーニングをルーティング・ワークとして行わないといけない。

明らかに違いが出ててくる。

立つ、話す、聞く、歩く、この4つだけでも、はっきりと見て取れる。いや、むしろその4点がしっかりしていればいいのですが、これがまた難しい。

俳優のこういったトレーニングには日々進歩している。WSを行う側もしっかりと咀嚼してとりいれないといけない。つまり、オレか(笑)

と、4連休の2日を過ごし残り2日でオーディション用テキスト台本を書かなくてはならないのだが…

自宅には読んでいない本が大量にあり・・・
「たまには昼まで」と布団の中グダグダし・・・
スニーカーを洗ってみたり…
少し部屋の模様替えをしようか、途中までやってみたり…
図書館にいったり…

まあ、いわゆる、逃避行為なんであるわけだが、

誠から芝居の案内メールが届き、なにやら嬉しかったりしている。

ということで、書きます。



演劇 | trackback(0) | comment(1) |


2008/05/04 (Sun) 「朝帰り」

しかし、もう基本、無理でしょ。
朝までは。
宮咲さん芝居観劇後、悠、ユッキー、タカマサ、杉田くんと今迄。
ああ!携帯書きづらいわ!また後で!

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/03 (Sat) 「追記」

しかし、誠は公演の連絡をしない奴だな。

とはいえ、オレは知っている。

東京デスロックさんの芝居にでるらしい。

「さん」をつけると、カワイイな(笑)デスロックなのに…ごめんなさい。

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/03 (Sat) 「ああ!そうか!」

伊達公子さんが復帰したのね。
この人、好きだなと思っていたんですが、何が好きなのかはっきりせずにおりましたら、
「声」が好きなんだ!と今日分かりました。

「ロゴラボ」について、何故始めるのか?それは、人ありきだからです!
まあ、詳しいことはホムペに「ご挨拶」としてだしますので。ちなみに発表会はオレも出ますので。

何日か前のブログ、ウチの人はあまりお気に召さないようでした。
「戦うなんて、いちいち使わないでいいよ」など、などなど。
ハキハキ!ユカワカワ君の舞台は面白かったようです。

明日は、ミヤサキ君の舞台にいきます。

「戦う」と「闘う」…ふ~ん。

なんか色々あった一日。
ん?

GW?か

そうか。

ユリイカ!

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/01 (Thu) 「からカラ唐?」

宣伝美術、渡邉さんと梅ヶ丘にてちと話す。
といってもどこそこの飯屋が美味いとかなんとか…。まあ、かれこれ何年の付き合いになりましたから。
今後とも宜しく。

頭ん中は「唐十郎」だらけ、少々、志ん生。

リライト継続中。「唐版 風の又三郎」と同時に特権的肉体論の再読、と同時にオーデイションの進行段取り、と同時に「ワニ女」の核となる部分の整理。
不思議とこうなると色々、思い浮かぶ。

不意に「あ、あの本…」とかなって出すもんだから、部屋の中は一向に片付かない。

しかし、唐戯曲のぶっ飛び方は凄まじい(笑)「あれ?これ誰に言ってんだ?」とちょいちょいなる。
まあそういう整理はいらんのだろう、と思う。

先日、リアルタイムで状況劇場を観ていた方と一献。
今の演劇はどうやっても越えられないようです(笑)台詞言ってたな。

モガリ笛 いく夜もがらせ 花ニ逢わん

すげえ~なあ~、スゲぇ~よ。
あ、これは唐じゃないですから。ほら、また思考がとんだよオレ(笑)

ユリイカ!

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

来てくれて本当にありがとう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。